インプラントについて

歯というのは、抜けてしまえば元に戻すことはできません。

しかし、現在の歯科治療では、歯が抜けたとしても代わりの人工歯根を埋め込むことが出来るようになりました。それがインプラント治療です。
インプラント治療をすることで、まだ抜けていない歯の負担を減らすことができ、結果的に歯全体の寿命を延ばしてあげることができると言われています。

しかし、そんな便利なインプラント治療でも失敗をすることがあるのです。

もちろん、インプラント治療を受ける前にちゃんと適応があるかを診断して、正確に手術を行なえば失敗をするということはほとんどないと言えますが、それでも失敗というのはついてまわります。

そのインプラント治療の主な失敗原因はいくつかあります。

まず、あってはいけないことですが、任せていた歯医者の診断に問題があったケースです。さらには、そのインプラント治療の手術の手技に何かしらの問題があった場合です。こういったケースで失敗をされてしまうと、手術をされる側としてはたまったものではありませんよね。となると歯医者選びにも気を使う方がベターではないでしょうか。

また、今度は患者側に問題があったケース。例えば、患者の歯のメンテナンスが不十分だった場合に治療が失敗するなんてことがあります。この失敗は治療後のメンテナンスが行き届いていないと後から細菌が増えていき、歯周病を引き起こす可能性があると言われています。

また、噛み合わせに問題がある場合も失敗するときがあるそうなので、やはり歯医者と沢山話し合ってから治療に進むことがよいと思われます。

万能というわけではない

歯は抜けたままにしておくと、どんどん周りの歯にも負担をかけてしまい、結果的に歯全体の寿命を縮めることになってしまいます。そんなときにインプラントを早期に埋め込んでおくことで、周りの歯にも優しい治療となります。 この時に注意してほしいのが、歯周病ケアです。 インプラント治療後は、定期的にメンテナンスをしてあげることで、インプラントの周りにある細菌を除去することができ、歯周病予防ができるようになるというわけです。

最近では東京だけでなく神奈川や茨城などでもインプラントを取り扱っている歯医者さんが増えています。

ただし、このインプラント治療ですが、万人に有効ということではなく、骨粗しょう症を患ってしまっている方や、糖尿病が進行してしまっている方などにはあまり有効に働きにくくなるので、インプラント治療を受けようと考えている方は、こうした点についても行きつけの歯医者さんに相談することが必要だと思います。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ