インプラントと歯周病

皆さんは「インプラント」も歯周病になることをご存知てらっしゃいますか。歯周病は、天然の歯に限って起こることではありません。インプラントをされている方も、毎日のデンタルケアを怠ったり、定期的な歯科検診から逃げまわっていると、知らない間に歯周病が悪化してしまう可能性もあるのです。

インプラントの方の歯周病が悪化することは、天然の歯と同じように人工の歯を支えている骨が、歯周病菌によって溶け出してしまい、最悪のケースにおいては、せっかく苦労して入れたインプラントが抜け落ちてしまうことなども考えられます。

毎日のデンタルケアや定期検診は、人によっては面倒だと考える方もいらっしゃるでしょう。ですが怠ってしまうことによって失う口内環境の健康への代償は大きいものとなりかねません。定期的なメンテナンスを行うことが口内環境を守る術であることは忘れないでいただいたい事柄です。

歯周病を予防しましょう

歯周病は口内のトラブルだけでなく、全身における病気との関わり合いが強いと言われております。

脳梗塞・誤嚥性肺炎・早産・低体重児出産・心筋梗塞・糖尿病など、近年このような全身の病気との関連性が数多く報告されるようになりました。特に動脈硬化や免疫系の病気関連することなどが指摘されているようです。

歯周病のサインとしては、歯茎からの出血や炎症、口臭などがあげられます。歯周病は口内の細菌が引き起こす感染症のひとつであり、症状が悪化しますと歯の土台となっている骨の部分が溶けたし最終的には歯が抜け落ちてしまうことになります。

毎日のデンタルケアとともに定期的な歯科クリニックでのメンテナンスを受けることが、歯周病を進行させないために重要な役割を果たしてまいります。特にインプラントの治療を受けた経験がある方の場合、天然歯のみの方とはまた異なるメンテナンスが必要なはずです。

毎日歯を磨いていても、正しいブラッシングが行われておりませんと、せっかくの予防が台無しになってしまいますので、検診の際には歯科衛生士などによるブラッシング指導などのアドバイスを積極的に受けるようにいたしましょう。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ