健康的な老後ライフをめざす

2025年に団塊の世代が、揃って75歳以上の年齢を迎えると言われています。このような見出しを、電車の中吊りにみつけた時に、皆さんはどのような社会を想像してみるでしょうか。

政府が予測をたてた憶測の中では、65歳以上の5人に1人が認知症になるのではないかというような数字を打ち出しています。その数としては、約730万人であると言われています。これは、近未来のお話であって、おとぎ話などではありません。

認知症は日本中で、最もポピュラーな病気となって皆さんの暮らしとともに、常に存在するものとなりかねないのです。認知症の特徴として、自立した生活を個人では送れなくなってしまう症状があります。これは、常に日常生活を見守る家族が必要となり、誰かしらの介助が生きていく上で、必要となってくる事をあらわします。

そのような生活の中で、家族は職場を失い、自分自身のプライベートな時間を失っていくかもしれません。社会の中で働く人口が減少していく事は、日本経済を支える石杖を失っていく事に等しい計算になります。認知症の家族が長生きすればするほど、介助する家族の自立した時間が削られていくかもしれない、というような日本社会にとっては暗雲がたちこめるような状況になり兼ねないのです。

そのような中、「健康とともに長生きしようではないか」というような対策が、認知症予防とともに行われています。ウォーキングや、ダンス、ヨガ、将棋、合唱など、様々なアクティビティや試みとともに、老後を元気で楽しく過ごしたいと考えをもつような人々が増加しているように感じています。

能を活性化する事で、認知症を防ぎたいというような考えをもつ人々に、簡単に自宅で事lt高できる取り組みの1つに「歯磨き」があります。健康的な歯を維持する事で、咀嚼する力を老化とともに失わない事は、脳への刺激となり、問題なく食事を摂取できる事で、健康を維持する為の十分な栄養素を取り入れる事ができる事に結びついていくのです。

歯を健康的に守る為には、日々の正しいブラッシングに加え、歯間の清掃、口内環境のケアなど、年齢を重ねるごとに、デンタルケアは重要なポイントとされています。定期的な歯科検診や、入れ歯、義歯のメンテナンスを、生活の中に取り入れる事でお口の環境を整え、健康的な老後ライフを送りましょう。

治療前の検査に注目

歯が抜けることはとてもショックなことですよね。
でも夢ではなく実際に歯を失ってしまった人にとっては、そんなショックという言葉だけでは済まされないかもしれません。

そんな方にとって、インプラント治療は大変魅力的なのではないでしょうか。

そのインプラント治療ですが、やはり手術を始める前には検査を行います。これは必ず検査をすることになっていますので、検査せずにインプラント治療を始めようとする歯医者がいるなら注意した方がよいかもしれません。

インプラント治療の検査方法は、実は歯医者によりさまざまで、すべての患者に対してCTを撮る歯医者もいれば、レントゲンだけで済ませてしまう歯医者もいるようです。また、患者によってCTを撮ったり撮らなかったりする歯医者もあるようで、これについては自分自身が納得のいく検査方法をしてくれる歯医者を選ぶのが無難でしょう。

どうしてこうしたことが起こるかと言いますと、実は確実に骨があるだろうと思われる患者に対しては、そんなに精密な検査をする必要性がない場合があるとのことです。腕利きの歯医者であれば、検査をする前からある程度のことが分かるようです。

とはいえ、CTを使って入念に検査を行うことで、インプラント治療の失敗を未然に防ぐ可能性が増すため、より安心安全な治療を受けることが出来ると考えられます。

もし、そうした不安をなるべく払拭させたいという人はやはりこうした検査の方法にも着目することも大切ではないかと思います。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ