多くの高齢者施設などで食前に行うお口のリハビリは、唾液の分泌を促し嚥下の働きを良くするために行われるものであります。

年齢とともに口内の筋力やお顔の筋力が低下してしまうと、唾液の分泌も減少傾向となり、嚥下障害などに結びついてしまうなどとも言われているそうです。唾液の分泌が少なくなることによってドライマウスなどの症状が見られるお年寄りも少なくないはずです。

糖尿病などを発症している方は、特にお口の乾燥が観られることが多く、お口の乾燥が原因となって口臭が強くなってしまわれる方もいらっしゃるそうです。

またドライマウスは、口臭だけではなく虫歯や歯周病などの発症にもつながってきますので、日常生活の中での口のリハビリを習慣化させていきたいものです。

高齢者にとって口内環境を健全に保つことは、身体的な健康に大きく結びついてきますので、介護度の高い方がなかなか歯科定期検診などに通院できないということであれば、積極的に訪問歯科診療などを利用しながら口内環境を万全に整えていきたいものです。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ