介護をしているお年寄りのお口の中は、乾燥していることが多いようです。

唾液の分泌は年齢とともに衰えるものなどとも言われておりますが、お薬の服用が多い高齢者は薬の副作用などから唾液の分泌が低下する傾向などが見られるそうです。

お口の中が乾燥してしまうと食べた物を飲み込む力が弱まり、嚥下障害などを起こすなどとも言われております。

さらには嚥下障害が誤嚥性肺炎などを引き起こす原因にもなりますので、お口の中の乾燥予防として、常に口腔ケアなどを行いながら良好な口内環境を保つサポートを心掛けていきたいものです。「唾液」は、口内の環境を良好に保つ役割とともに歯周病や虫歯から皆さんの健康な歯を守る働きをしてくれているのです。

唾液の分泌が弱まり、ドライマウスなどと歯科医院などで診断された方は、お食事前やお休み前などに唾液の分泌を促すマッサージやお口のエクササイズなどを行うと良いでしょう。

深呼吸をしながら簡単に首をゆっくりと前後左右に傾けることだけでも、唾液の分泌が促されるなどとも言われておりますので、毎日の生活習慣のなかに取り入れていきたいものですね。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ