口臭の原因というのは色々ありますが、そのほとんどは口腔内のトラブルからきているとされています。口臭の原因の60%は舌苔、その次が歯周病となっているのです。

舌苔というのは、舌の表面の白色・黄褐色・黒色の苔状のものです。これは食べかすや剥離した上皮細胞・血球などから出来ており、細菌が繁殖する原因となります。この舌苔が増えると、口臭が強くなってしまうというわけです。

続いて、原因の第二位として挙げられている歯周病。歯茎が炎症を起こすと、歯茎が腫れて赤くなってりブヨブヨしてきます。そこから更に進行すると、歯周ポケットは深くなり、ここに細菌が繁殖する事や歯茎からの出血・膿なども口臭の原因に繋がります。

また、その他にも歯垢歯石による口臭も原因として考えられます。歯垢は細菌の塊であるバイオフィルムですから、歯垢の量が増えてしまえば当然ながら口臭は悪化します。通常のブラッシングで歯垢を100%落とす事は難しく、さらに歯垢は時間が経つと歯石となって歯磨きではとれなくなってしまいますので日頃のブラッシングは非常に重要です。

虫歯がある場合、進行してしまうと歯の中にも細菌が繁殖してしまう事になりますので、歯根が化膿してしまい匂う事があります。

また、入歯を装着している場合、入歯の汚れによる口臭と、入歯を入れっぱなしにしている事による細菌繁殖で匂ってしまうという事も考えられます。入歯は、歯の部分、バネの部分に歯垢ができやすく、またピンク色の土手の部分は歯茎との吸着性を高める為吸水性がある素材で作られています。

その為、唾液と一緒に口臭の原因となる揮発性硫黄化合物などの匂いの成分が染み込んでしまうのです。口臭が気になるかもという方はこのあたりを見直し改善する必要があるかもしれません。

地域の歯科を一括比較!【 仙台市版 】のTOPへ