この病気は、痛みの他に、顎の動きに伴って関節雑音と呼ばれる症状も見受けられます。顎を動かした時にコリコリとした音やポキっという音がなる事を指します。

或いは、顎の動きがぎこちなく途中で開かなくなる・異常な方向に動かさないと開かない・一定の箇所まで開けると顎が外れる等の“引っかかり”による開口障害が起こる事もしばしばあります。

本疾患は、歯科・口腔外科で主に治療を行います。耳周辺に痛みを伴うケースもある事から、耳鼻科を受診するのか歯科を受診するのか迷われる人も少なくないでしょう。

ずっと通院していて治らないという場合、セカンドオピニオンの検討や医師の指導のもと他の療法も考えて行く必要もあるかと思います。