子ども用の歯ブラシは、子どもは容易に歯を磨く事ができ、発達段階に応じて適切な大きさの歯ブラシを選ぶ事が大切と言えます。小児用歯ブラシの選択基準としては、次のような条件が挙げられます。植毛部の幅が適切な広さである事。

子どもの手元が狂っても、歯列より落ちない程度の幅の広さが必要である。ある程度コシの強い毛である事。コシの弱い柔らかな毛は、歯ブラシを動かしたときに毛が折れ曲がるような状態となり、毛先が動かない。

従って、乳歯面に付着したプラークをキレイにする事ができない。頭部の毛の長さと、植毛部を含めた厚みが出来るだけ薄いもの。

厚みがあると臼歯部頬側面に当てる時は頬粘膜が、咬合面に当てる時は対合歯が邪魔になり磨きにくい。頚部、把柄部はストレートで握りやすい事。特殊な角度のついたものは特定な部位は磨きやすいが、全体的にはかえって不便となる。